更年期のホルモンバランスが急激に変化する時期には、何となく体調がすぐれない人が多いようです。「ホット・フラッシュ」と呼ばれる顔のほてりやのぼせ、動悸や眩暈、冷え性や頭痛などの身体的な症状から、うつ状態やイライラ、不眠症や倦怠感や不安感等の精神的な症状まで、人によって現れる症状は様々です。また、本人でさえも現れる症状が不規則なと更年期障害だと自覚できず、一人で悩みを抱え込んでしまったり、クヨクヨとストレスを溜め込んでしまって、結果的に周りから鬱病と誤解されてしまうケースもあるのです。それに、身体に不調を感じて病院で検査を受けたとしても、どこにも異常が見つからないからと病気だと診断されなかったり、加齢のせいにされて適切な処置をしてもらえなかったりする可能性もあるかもしれません。その為、日頃から更年期障害に理解のある婦人科系のかかりつけ医師を確保しておくことが治療のためにも重要となってくるでしょう。また、更年期を過ぎると骨粗鬆症や排尿障害などを起こしやすくなりますので、その予防にもつながりますよ。更年期障害を一過性のものとしないで、しっかりと病気として捉え、適切な治療をしてもらう事で、辛い更年期障害の症状も改善されていくはずです。日頃の暮らしに支障が出てしまわない前に、何でも相談出来るようなかかりつけの医師を探しておき、なんだか体調に異変を感じ始めたら簡単に相談してみては如何でしょうかー